雪女と蟹を食う原作はある?最終回はどうなる?結末ネタバレも!

  • URLをコピーしました!

2022年7月より、重岡大毅さん主演の新ドラマ「雪女と蟹を食う」の放送が決定しました^^

「雪女と蟹を食う」は、サスペンス要素の強いラブストーリーとのこと。

最近では、人気小説や人気コミックのドラマ化が多い傾向にありますが、「雪女と蟹を食う」にも原作が存在するのでしょうか?

今回は、2022年夏ドラマ「雪女と蟹を食う」の原作情報や、結末ネタバレをご紹介いたします♪

この記事のもくじ

雪女と蟹を食うの原作はある?

新ドラマ「雪女と蟹を食う」の原作は、週刊ヤングマガジン、コミックDAYSにて連載されていた人気同名漫画です。

「雪女と蟹を食う」の原作漫画は、既に連載終了しており、全8巻まで発売されています。

原作漫画「雪女を蟹を食う」の作者は、Gino0808(ぎのぜろはちぜろはち)さん。

「蝉の鳴く頃」「童貞噺」など、数々の人気青年漫画を世に送り出している漫画家さんです。

Gino0808さんの作品は、繊細で美しいイラストですが、なかなか過激なシーンが多い・・・という印象で、今回ドラマ化する「雪女と蟹を食う」も、原作漫画は刺激強めです!

しかし、原作ファンのなかでは、「美しいベッドシーンが泣ける!」なんて声も^^

「雪女と蟹を食う」のドラマ化を期待する声はとても多く、様々なコメントがありますので更にチェックしてみましょう♡

SNSでは人気漫画のドラマ化に期待の声多数!

SNSでは、人気コミックのドラマ化に期待の声が溢れています^^

「雪女と蟹を食う」の原作ファンからは、今回のドラマ化決定に喜びの声が続出^^

HAKUBAちゃん

しかし、主演を務める重岡大毅さんのファンからはこんな声も・・・

HAKUBAちゃん

原作漫画が過激なシーンが多いことを理由に、重岡大毅さんの熱心なファンの方は、「耐えられない」「観れないかも」なんていう声もありました・・・

重岡大毅さんは、ジャニーズ事務所所属の人気グループ・ジャニーズWESTのメンバーですから、そのような意見があってもおかしくないですよね。

原作漫画を、どこまで忠実にドラマで再現するかは、放送されてからではないと分かりません。

しかし、重岡大毅さんがこれまでの爽やかな役とは全く違う役柄を演じるのは、楽しみではあります^^♡

雪女と蟹を食うはどんな話?あらすじをご紹介

こちらでは、「雪女と蟹を食う」の原作漫画のあらすじをご紹介していきます!

まず、「雪女と蟹を食う」は、冒頭シーンから刺激が強めで、なんと、主人公・北(重岡大毅)が首を吊って自殺をしようとしていることろから物語が始まります

しかし、自殺をしようと決めたものの、なかなか実行できず、とうとう日が暮れてしまいます。

そんな中、北がテレビを見ていると、ある番組で女性リポーターが北海道で蟹を頬張る姿が。

それを観た北は、「そういえば蟹を食べたことなかったな」「どうせ死ぬなら、蟹を食べてから死ぬことにしよう」と決めます

そこで、図書館で情報収集おをする北でしたが、北の持っている全財産では、蟹を食べるどころか、北海道まで行く交通費が賄えないことが分ります。

どうしたら北海道までの金を工面できる?

北がそう考えていた時に思いついたのは、図書館で偶然出会った、いかにもセレブでお金持ちな人妻・雪枝彩女(入山法子)を襲うこと。

その目的は、彩女の身に着けている大きなダイヤついた指輪でした。

北は、彩女のあとをつけて、彩女の自宅に押し入ります。

すると、彩女は北に対して、なんと「乱暴さえしなければ、お金も性的欲求も満たして差し上げます」と告げるのです。

そこで、ダイヤの指輪だけが狙いだった北は一瞬戸惑いますが、蟹を食べた後は死ぬつもりであったため、投げやりな気持ちで彩女を体を重ねたのでした。

そのあと、彩女は北に、「お金はいくら必要ですか」と問いかけます。

彩女は、現在自宅に現金500万円があると北に告げますが、北は100万円でいいと答えました。

彩女をそのお金の使い道を北に尋ね、北が「死ぬつもりだかその前に北海道に蟹を食べに行く」と告げます。

すると、彩女は、「私も蟹を食べたい」と言い、何故か北と彩女は、一緒に北海道に蟹を食べに行くこととなったのです。

北はそもそも何故死ぬつもりでいるのでしょうか?また、謎多きセレブ妻・彩女の正体は?

そして、北と彩女は一体どうなるのでしょうか?

続いて、結末ネタバレをご紹介します^^

雪女と蟹を食う最終回結末ネタバレ!北と彩女はどうなる?

「雪女と蟹を食う」原作漫画の結末(ネタバレ)で分かったことは以下の通りです^^

  • 彩女は、夫に絶えない女の影を感じ病んでおり、死ぬつもりでいた
  • 彩女は、夫のために花を育てていたが見向きもして貰えなかった過去がある
  • 北は彩女のその気持ちに気付き、彩女自身が綺麗だと思うもの(北海道の四季彩の丘)を見せる
  • 北が彩女に「毎年夏にはこの丘でこの景色を一緒に観よう」と告白(プロポーズ?)
  • ラストシーンでは、二人が同じ部屋で肩を抱き合い、「蟹を食べよう」で終了

そう!まさかの、ハッピーエンドだったんです!

以下、詳しく解説していきますね^^

北が自殺を考えるキッカケ

まず、北が自殺を考えることとなったキッカケは、「冤罪」。

女子高校生に痴漢をしたという冤罪で、家族や友人たちとも疎遠となり、北の人生は滅茶苦茶になりました。

この冤罪で、北は、職を失い、仲良くしていた友人も去り、さらには家族をまで失いました。

冤罪だということを誰も信じてくれない現実に、北は自暴自棄になって自殺を考えるようになったのです。

彩女の正体とは?

北の彩女の第一印象は、「これだけ美人なら、金持ちの男と結婚して人生楽勝なんだろうな」というものでした。

しかし、彩女が抱えていたのは、夫が不倫三昧で妻の自分は見向きもされず、綺麗な花を「綺麗だね」と共感することすら出来ない破綻した夫婦関係でした。

そんな夫に対して憎しみを持った彩女は、夫への当てつけのために自殺することを考えていたのです。

北と彩女、二人の関係

最終回では、マンションと思われる一室で、北と彩女は二人で夜景を見ながら、肩を抱き合っています。

そして、その部屋には、蟹鍋が用意されており、「さぁ、蟹を食べよう」と北が言い、物語は終了しました。

このことから、北も彩女も、互いに、共に過ごした時間から影響を受け、自殺を思いとどまったことが分かります。

そして、二人は今後も一緒に生きていくことを決めたのでした。

また、原作コミックの8巻には、最終話の後にエピローグもありますが、ここでは、北と彩女が北海道で暮らしている様子が描かれています。

そこで、二人の子供が彩女のお腹に宿る描写もありました^^

HAKUBAちゃん

物語の冒頭は、このようなハッピーエンドになるとは思えないような重苦しいシーンでしたので意外でしたね!

ドラマ「雪女と蟹を食う」は、過激シーンも多いですが、どこまで原作漫画を再現することとなるのでしょうか^^

新ドラマ「雪女と蟹を食う」は2022年7月より放送スタートです^^楽しみですね!

\「雪女と蟹を食う」原作漫画をチェック♪/

この記事のまとめ

「雪女と蟹を食う」の原作漫画は、過激なシーンも多いので、ドラマ化するとなるとどこまで再現するのかが気になりますね^^

SNSでは、北役を演じる重岡大毅さんのファンの方は、「絶対観る!」という方と、「ショックを受けるから観たくない」という方、様々でした。

原作漫画のファンの人は、今回のドラマ化を期待している声がとても多い印象です♪

ドラマ放送前に、原作漫画を読んでみるのも良いかもしれませんね^^

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事のもくじ
閉じる