ユニコーンに乗っては「マイインターン」のパクリ?似ているところを比較してみました

  • URLをコピーしました!

2022年7月5日から放送される新ドラマ「ユニコーンに乗って」。

永野芽郁さんがCEO役、西島秀俊さんがおじさん部下役ということで、話題になっているドラマですが、実は映画「マイインターン」のパクリなのではないかと言われています。

では、パクリと言われるポイントはどこなのでしょうか?

そこで、今回は、「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」の相違点を調査してみました^^

この記事のもくじ

ユニコーンに乗ってはマイインターンに似ている?あらすじを比較!

冒頭でお話したように、「ユニコーンに乗って」は、「マイインターン」のパクリだと言われていますが、どこがパクリだと言われているのか気になりますね。

さっそく「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」のあらすじを比較してみましょう。

以下は、「ユニコーンに乗って」のあらすじです。

成川佐奈(永野芽郁)は教育系アプリを手掛ける「ドリームポニー」のCEO。5年前、大学に潜り込んで聞いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、3年前に起業。10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるようなビジネスにすることを目標に日々奮闘中。だが、売上・技術ともに行き詰まる毎日に焦っていた。

そんな佐奈を心配するのは共同創設者の須崎功(杉野遥亮)。佐奈が忍び込んだ大学で知り合い、今では気の許せるビジネスパートナーである。須崎は現状を変えるため、即戦力となる人員の補充を佐奈に提案。早速、ネットで求人募集をし、面接を開くこととなる。

その面接にやってきたのが、中年サラリーマンの小鳥智志(西島秀俊)だった。ひと回りも年が離れ、プログラミングの経験もなく、即戦力とは言い難い。だが、「御社の理念である“ITの力ですべての人が平等に学べる場所を作りたい”という思いに強く共感し、ここにやってまいりました」という小鳥の言葉を、佐奈はどうしても振り切ることができずにいた——。

あらすじ|TBSテレビ 火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』

以下は、「マイインターン」のあらすじです。

ニューヨークで女性向けファッション通販サイト『About The Fit』を運営している女社長のジュールズは、短期間で会社を拡大させることに成功し、公私ともに順調な毎日を送っていた。

そんな彼女の会社に、40年間も電話帳の会社で働いていた70歳の老人ベンが、シニア・インターン制度で採用されてやってくる。若者ばかりの社内で当初はやや浮いた存在になってしまっていたベンだったが、いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄と細やかな仕事ぶりによって、社内の人気者になっていく。

一方その頃、ジュールズには大きな問題が立ちはだかっていた。多忙すぎるジュールズの負担を軽減させて企画制作に専念できるよう、出資者からはCEOを交代してベテランを据えようと提案される。大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていた。

だが、そんな彼女を救ったのは、ジュールズ直属のインターンになったベンだった。ベンの温かな励ましとアドバイスを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていき、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。ベン自身も、会社の専属マッサージ士のフィオナと知り合って惹かれあい、自分の人生はまだこれからであると感じていく。

そんな中、ジュールズの夫のマットが、浮気をしていることが判明し、ベンはジュールズの相談に乗る。ジュールズは夫の浮気に気づいており、彼のためにベテランのCEOに任せて、自分は企画制作に専念することで「家族の時間を増やそう」と考えていたのだ。

CEO候補者への返事をする当日、夫のマットが会社に訪ねてきて、浮気について謝罪し、自分のためにCEOを招くようなことはしないで欲しいと告げる。ジュールズは彼を許し、自らがCEOを続けることを決めるのであった。

マイ・インターン – Wikipedia

「ユニコーンに乗って」はまだ放送前なので、公開されたあらすじにより、「マイインターン」と似ていると判断されていると考えられますが、ネット上ではどんな意見があがっているのでしょうか?

ユニコーンに乗ってマイインターンに似ている口コミ

こちらでは、「ユニコーン」について「マイインターン」に似ているとの口コミをまとめました。

ネット上には、「ユニコーンに乗って」のキャストが目当てで見るという意見は多くあがっておりものの、やはり「マイインターン」のパクリなのではないかと感じている方が多いようですね。

ユニコーンに乗ってはマイインターンのパクリ?と言われるポイント

「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」の類似点は、3つあります。

まず、1つ目はドラマ内の設定です。

若きCEOの元に、おじさん部下がやってくるという設定ですね。

HAKUBAちゃん

主人公はおじさん部下に苦手意識を持っているものの、後に打ち解けていくという部分も似ていますね。

つづいて、2つ目は主人公の学歴です。

どちらも、主人公はCEOにも関わらず、高学歴ではないのですね。

「ユニコーンに乗って」の主人公・佐奈は高卒、「マイインターン」の主人公・ジュールズはハーバード大学出身ではないことが明らかになっています。

佐奈の高卒はさておき、ジュールズのハーバード大学出身ではない=高学歴ではないになるの?と思われますが、アメリカの若手経営者は、ハーバード大学出身が多く、ハーバード大学出身以外は高学歴ではないとみなされるようです。

実際に「外部からCEOを雇った方がいい」と言われるシーンがありますね。

そして、3つ目は、会社の成長スピードです。

「ユニコーンに乗って」は会社立ち上げ当初に急激に成長、「マイインターン」は1年半で会社を拡大とあり、どちらも短期間で急成長を遂げた会社となっていますね。

HAKUBAちゃん

では、「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」には、どんな違いがあるのでしょうか?

ユニコーンに乗ってとマイインターンとの違い

「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」の違う点は、3つあります。

まず、1つ目は、主人公、おじさん部下の年齢です。

  • 「ユニコーンに乗って」の主人公・佐奈は26歳、おじさん部下・小鳥は48歳
  • 「マイインターン」の主人公・ジュールズは30歳、おじさん部下・ベンは70歳

おじさん部下の年齢が大幅に違っていますね。

2つ目は、主人公が結婚歴です。

「ユニコーンに乗って」の主人公・佐奈は独身で恋愛に無頓着ですが、「マイインターン」の主人公・ジュールズは、既婚者ですね。

3つ目は、恋愛要素があることです。

「マイインターン」は仕事をメインに描かれていますが、「ユニコーンに乗って」では、須崎という主人公・佐奈に好意を抱いている男性がいたり、須崎に想いを寄せる凛花がいたりと、恋愛要素が多いんです!

これらの点が違うことにより、「ユニコーンに乗って」では、佐奈と小鳥が恋愛に発展してもおかしくないですよね。

この記事のまとめ

今回は、「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」の相違点をご紹介しました。

  • 「ユニコーンに乗って」と「マイインターン」は、ドラマ内の設定、主人公の学歴、会社の成長スピードといった3つの類似点がある
  • 登場人物の年齢、主人公の結婚歴、恋愛要素があるという点が違う

ことが分かりましたね。

あらすじは似ているものの、年齢や結婚歴が違い、恋愛要素も多いことから、佐奈と小鳥の関係は、恋愛に発展する可能性もあり、結末は全然違う物語になりそうな予感がしますね!

どんなドラマになるのか楽しみです♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事のもくじ
閉じる