若者の意見が政治家に直接伝えられる『PoliPoli』ポリポリがすごい!

10/10放送の「サンデージャポン」で紹介された、政策を政治家に簡単にリクエストできる政策紹介サイト「PoliPoli」というサービスが注目されています。

無料で利用できる「PoliPoli」は、多くの政治家も登録しており、実際にポリポリでの意見が国会で取り上げられたこともあるそうです。

そこでこの記事では、今若者に注目されている現役大学生が作ったサービス「PoliPoli」についてご紹介します。

この記事のもくじ

政治家に意見を伝えられる「PoliPoli」ポリポリとは

polipoli公式サイトより

PoliPoliは、現役慶應大学生の伊藤和真さんが代表を勤める政策紹介サイトです。

伊藤さんは元々政治に興味があった訳ではないそうですが、街頭演説で政策を訴える、なぜネット社会の今わざわざアナログな方法をとるのか?と疑問に思ったことから始まったそうです。

そこから、インターネットを使って有権者と政治家が手軽にやりとりができる方法はないか?と考え友人と開発したのが、「PoliPoli」アプリです。

PoliPoliはどんな仕組みなの?

PoliPoliは元々、有権者が街の課題などを投稿し、それに共感が集まると登録している政治家を招待し議論する仕組みだったそうです。

2年の間に1000件以上の政策が話し合われ、地方議員を中心に政策決定に大きく影響を与えたそうです。

しかし、日本人は中々政治に対する主張をしない国民性もあり、市民からの発信に限界を覚えたそうです。

そこで現在は、政治家が進めたい政策をわかりやすく投稿し、共感した政策に有権者である私たちがその投稿を応援という形でコメントを政策の進捗を見守ることができるようになりました。

それだけではなく、自分の興味がある政策がない場合は、リクエストをすることもできます。

リクエストした政策は申請が通ると、投稿され、他の有権者からの賛同を集めます。

多くの賛同の応援をもらった政策は、実際に登録している政治家の政策として取り組まれるそうです。

誰でも気軽に政治に参加できるとあって、PoliPoliは現在若者を中心に注目を集めています。

PoliPoliで現在注目されている政策は?

ここで現在ポリポリで注目されている政策を一部ご紹介します。

有権者による政策リクエストの一部をご紹介

スケートパーク不足解消で、スケーターと社会がもっと共生できる環境を!

(賛同人数3,900人)政策を詳しく見る

義務教育で提供される性教育を、包括的で具体的な内容にアップデートしてほしい

(賛同人数3,900人)政策を詳しく見る 

政治家による注目されている政策の一部も紹介

コロナと闘う看護職に危険手当を!

木村弥生 自由民主党・衆議院議員 政策を詳しく見る

子どもがのびのび「外あそび」できる環境づくり!

小倉 まさのぶ 自由民主党・衆議院議員 政策を詳しく見る

レジ袋を無料に戻す! 別の環境問題対策を。

音喜多 駿 日本維新の会・参議院議員 政策を詳しく見る

政策なんて見たってわからないよな。なんてお思う方もいるかもしれませんが、政治家の方々の政策ページは、政策を理解するための関連記事が多くあったり、政治をあまり知らない人にも分かりやすく書いてあるので誰でも政治に参加できる印象がありました。

PoliPoliにアプリはある?どうやったら参加できるの?

PoliPoliは元々携帯アプリがありましたが、ダウンロードしないと使えないことから、より多くの人に利用してもらいたいという事で、現在はアプリ版は廃止となっています。

現在はウェブ版のみになりますが、登録は無料で誰でもできますし、匿名で政策を応援コメントもできるので、政治に参加かぁ・・・と構えず手軽にできるのが魅力です。

PoliPoli公式サイトを見てみる

デジタル庁も採用!これからは若者がどんどん政治に参加する時代

デジタル庁が新しいアイデアボックスとして「PoliPoli Gov(β版)」を採用することが決まりました。

デジタル庁ができた際にパンクした事がニュースにもなったデジタル改革アイデアボックスは10月11日をもって廃止され、今後は「PoliPoli Gov(β版)」が使用されます。

アイデアボックスがパンクするほど政治に興味を示す方が多い現在で、PoliPoliはとても大きな影響を与える媒体となっていきそうですね!

これからの成長に目が離せません!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事のもくじ
閉じる