マイファミリーなぜ東堂は娘を「小春ちゃん」ちゃん付けしてるの?本当の父親は・・・|考察

  • URLをコピーしました!

マイファミリー4話で、こはるちゃん事件で誘拐されたのは東堂の娘だということが分かりました。

しかし、東堂は娘を「こはる」ではなく「こはるちゃん」と”ちゃん”付けで呼んでいたのですが、気になりませんでしたか?

HAKUBAちゃん

何度も何度も「こはるちゃん」と言っていましたね。

だいぶ強調されていた為、今後の展開に大きく影響していると思います。

そこで、何かおかしな点がないか?と4話までの話を見直しながら考察していたところ、ある事に気付いてしまいました。ご紹介していきます。

マイファミリー配信情報

マイファミリーは1話から最新話まで「Paravi」で見逃し配信中!

\2週間無料お試し/

今すぐ伏線をチェックしよう!

無料期間中に解約すると一切料金はかかりません

→マイファミリー原作結末ネタバレ!犯人はまさかのあの人!?

この記事のもくじ

東堂が心春ちゃんを呼び捨てにしない理由は本当の娘じゃない?

4話で鳴沢家の娘「友果ちゃん事件」の暴露本が出版され、そのことが原因で友果が夜うなされるようになります。

友果ちゃん事件の詳細を知っているのは、「温人・未知瑠夫妻」と「東堂」「三輪」の4人。

結局出版したのは『東堂』だということがわかります。

しかしこれには深いワケが。実は友果ちゃん事件と同一犯だと思われる5年前の未解決誘拐事件、「こはるちゃん事件」は東堂の娘だというのです。

こはるちゃん事件は、友果ちゃん事件と酷似していたことから、犯人をおびき寄せるために暴露本を書いたのだというのです。

これを温人に打ち明ける時、東堂は娘を「こはるちゃん」「こはるちゃん」とちゃん付けしていたんです。

どんなに過保護だったとしても、友人に子供の話をするのに「ちゃん」と呼ぶのは違和感がありますよね。

しかも何度も。

HAKUBAちゃん

考えているうちに、自然とこのように考えるようになりました。

もしかして、こはるちゃんは元奥さん亜希の連子だったのではないか?ということです。

さらにドラマを見返してみると、不自然な点が見つかったんです。

東堂がこはるの本当の父親ではないと思う別の理由

5話で三輪娘「優月」が誘拐されます。温人は妊娠中の未知瑠を気遣い、未知瑠には内緒で三輪に協力をするのですが、「香水の匂いがした」と温人は不倫を疑われてしまいます。

そんな話を温人が東堂にしたところ、このように答えます。

気をつけろよ。妊娠中は特に敏感らしいから。

娘がいるのに、妊娠中のことを人ごとのように話したのです。”敏感らしいから”と。

奥さんが妊娠中に一緒にいたのなら、知っているはずのことを「らしいから」と話しているのにとても違和感を覚えました。

心春ちゃんの本当の父親は葛城刑事?それとも阿久津!?

ミスリードの可能性もありますが、あそこまで「ちゃん付け」を強調しているのは、やはりこはるちゃんは、東堂の娘ではない可能性が高いと考えます。

そこで誰が父親か?と考えたときに浮かんできたのが葛城刑事と阿久津です。

こはるちゃんの父親が葛城刑事だと思う理由

  • 葛城刑事は、他の刑事よりも執拗に心春ちゃん事件を追いかけいる。
  • 東堂を何度も睨んでいる
  • 東堂が「僕が信じているのは葛城さんだけ」と話している。
  • 東堂が葛城刑事に「心春ちゃんは生きていると思うか?」と聞いたら「必ず生きている」と答えた

自分の担当事件が未解決で終わっていることから執着して調べているのかもしれませんが、盗聴をするなど、かなり強引なやり方で捜査を進めているイメージがありますよね。

5話でも執拗に、友果に事情聴取したりしたり、阿久津の娘に駅で話しかけたりしています。

また、何度も東堂を睨み付ける場面があったり、かと思ったら東堂は「僕が信じられるのは葛城刑事だけ」とこはるちゃん事件解決において、信頼している様子。

まるで同志のような場面が何度もありました。

そんなことから、葛城刑事が小春ちゃんの本当の父親である可能性は高いと感じました。

続いて小春ちゃんの父親であると思ったのは阿久津です。

阿久津(松本幸四郎)が小春ちゃんの本当の父親!?

こはるちゃん事件の身代金はいくらか分かっていないのですが、その当時、東堂は警察官でした。

犯人が警察の娘を狙うってそもそも不思議じゃないでしょうか?警察が大金を用意できるとも考えられません。

これは完全に考察になるのですが、2つ考えられました。

  • こはるちゃんは阿久津と東堂の奥さんが不倫の末にできた子。
  • こはるちゃんは、阿久津の娘と間違えられて誘拐された

こはるちゃんと、阿久津の娘「実咲」は横浜清風女子大学附属小学校に同級生で入学しています。

もし、こはるちゃんが阿久津の娘だとしたら、娘と同学年のため不倫。

またのちに、友果も横浜清風女子大学附属中学校に入学するのですが、阿久津も温人もCEOでありお金はある家庭。

しかし東堂は警察官なので、二人よりはお金はあるとは思えません。

それなのに、なぜ小春ちゃんは横浜清風女子大学附属小学校に入学できたのでしょうか?

また何かしらの恨みがない限り、警察官を狙うのは不自然。

そのことから、小春ちゃん事件の犯人は実は、こはるちゃんではなく「実咲ちゃん」を狙った。

もしくは、阿久津の隠し子だから身代金が取れると思い「こはるちゃん」を誘拐した。

このように考察します。

この記事のまとめ

誘拐されたと思ったら解決して…。全然先が読めないですよね、

心春ちゃんは見つかるのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事のもくじ
閉じる