競争の番人原作ネタバレ!あらすじと結末について

  • URLをコピーしました!

2022年7月に放送スタートするドラマ「競争の番人」。

坂口健太郎さんと杏さんがダブル主演を務めます。

そんな「競争の番人」の結末が気になりますね。

そこで、今回は、「競争の番人」原作のあらすじ、ネタバレについて調査してみました^ ^

この記事のもくじ

ドラマ競争の番人の原作者は「元彼の遺言状」の筆者

「競争の番人」の作者は、2022年4月期のドラマ「元彼の遺言状」の原作者である新川帆立さんです。

新川帆立さんといえば、第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞しており、これからの活躍が期待できる作家さんですね♪

「元彼の遺言状」に続き、2クール連続で新川帆立さんの作品を放送するのですね。

HAKUBAちゃん

なんと同じ原作者の作品を2クール連続で放送するのは、フジテレビ史上過去にない異例のケース!

新人作家でありながら、素晴らしいですね。

では、2022年5月9日に発売された待望の最新刊「競争の番人」の評判は、どうなのでしょうか?

原作小説「競争の番人」を読んだ方の感想をご紹介いたします^ ^

原作小説競争の番人の口コミ

新川帆立さん原作のドラマ「元彼の遺言状」がおもしろいと好評なので、「競争の番人」も期待している方が多いのではないでしょうか。

そこで、『競争の番人』の口コミを調べてみました。

公正取引委員会で働く2人が主人公となっている『競争の番人』。

公正取引委員会とは、あまり聞きなれない仕事ですね。

ドラマとしても、公正取引委員会を扱う作品は、「競争の番人」が初めてのようです。

そのため、公正取引委員会について知らないという方も多いのではないでしょうか。

そんな公正取引委員会に知識がない方でも、『競争の番人』は楽しめる内容となっているのですね!

また、ドラマ化が楽しみだとの声が多数あがっていました。

では、「競争の番人」原作の結末は、どうなっているのでしょうか?

競争の番人原作ネタバレ!結末は?

「競争の番人」は、公正取引委員会(公取委)を舞台に叩き上げの女性審査官とキャリア組の男性審査官の凸凹バディが主人公。

そんな2人ですが、徐々に信頼関係を築いていき、協力して真相究明していきます。

ラストは、白熊の送別会の場面で、2人の心温まるやりとりで幕を閉じます。

2人の活躍ぶりと内的成長が見どころですね!

そんな「競争の番人」ですが、続編があるのではないかとの声もあがっています。

先程話題にあげた「元彼の遺言状」は、続編も出版されているので、「競争の番人」も続編が出る可能性はありますね!

この記事のまとめ

今回は、2022年7月からスタートするドラマ「競争の番人」原作のあらすじやネタバレについてご紹介しました。

  • 「競争の番人」の原作者は、「元彼の遺言状」を手掛けた新川帆立さん
  • 「競争の番人」は、公正取引委員会を舞台にしたお仕事ミステリードラマ
  • 主人公2人の活躍ぶりや精神的な成長が見どころ
  • 「競争の番人」の原作は、シリーズ化が期待されている

というこよが分かりましたね。

2022年4月から放送中の「元彼の遺言状」に続き、「競争の番人」が放送されます。

きっと「元彼の遺言状」のように、おもしろいドラマになることでしょう♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事のもくじ
閉じる