カニは食べても太らない!実はダイエットの味方!種類別にカロリーをご紹介

2021年も、もう師走。

年末やお正月には、美味しい御馳走を頂くというご家庭は多いですよね。

何処に行っても美味しいものばかりで、ついつい食べ過ぎてしまいます・・・

美味しくて、更に低カロリーで太らない、お正月に持って来いの食材など、存在するのでしょうか・・・?

そこで調査してみると、お正月一番のご馳走・カニはなんと、低カロリー&低糖質でダイエットに最適という事が分かりました!

毎年お正月に食べ過ぎちゃう人、必見です!

是非チェックしてくださいね♡

この記事のもくじ

カニはダイエットの味方!その理由は低カロリー低糖質

お正月についつい食べ過ぎて、正月太り・・・なんて悲しいですよね。

でも、せっかくのお正月、普段食べられないようなご馳走もたくさんあるし、食事も楽しみたいですよね。

そこで、正月太りしたくないという方にお勧めな食材は、カニです!

その理由は、カニは低カロリー&低糖質で太りにくいためです。

カニの種類によって、カロリー・糖質が違いますので、カニの種類別にチェックしていきましょう!

タラバガニのカロリーと糖質

「カニの王様」とも呼ばれる、タラバガニ。

体が大きく、脚も太いため食べごたえがあるのが特徴です。

タラバガニのカロリーと糖質は以下のとおりです。

  • 生の場合のカロリー:59kcal
  • 茹でた場合のカロリー:80kcal
  • 糖質:0.2g

※すべてタラバガニ100gあたり

茹でる場合と生で食べる場合では、茹でた場合のほうがカロリーが増加しているのが分かります。

次に、ズワイガニのカロリーと糖質もチェックしてみましょう!

ズワイガニのカロリーと糖質

ズワイガニは、タラバガニと比べると、甲羅が小さめで脚が細く長いのが特徴です。

味は旨味を強く感じられるため、カニ本来の旨味を楽しみたい方にはズワイガニがお勧めです。

そんな旨味たっぷりのズワイガニ。カロリーと糖質はこちらです!

  • 生の場合のカロリー:63kcal
  • 茹でた場合のカロリー:69kcal
  • 糖質:0.1g

※すべてズワイガニ100gあたり

タラバガニと比べると、ズワイガニのほうが少し糖質が少なめです。

毛ガニのカロリーと糖質も比較してみましょう!

毛ガニのカロリーと糖質

カニ味噌を楽しみたい方に一番おすすめなのは毛ガニです。

タラバガニやズワイガニと比べても、毛ガニのカニ味噌は濃厚で一番美味しいと言われています。

そんな毛ガニのカロリーと糖質が以下のとおりです。

  • 生の場合のカロリー:72kcal
  • 茹でた場合のカロリー:83kcal
  • 糖質:0.2g

※すべて毛ガニ100gあたり

タラバガニ・ズワイガニ・毛ガニの三種類のカロリー・糖質を比較しても、さほど違いはありません。

強いて言うならば、生の場合は毛ガニが一番カロリーが高いことが分かります。

低カロリー低糖質のカニ、ごはんと比較すると・・・?

日本人の主食・ご飯と比較すると、カニがいかに低カロリー低糖質なのか一目瞭然です!

項目ご飯 100g
(小盛り一杯程度)
ズワイガニタラバガニ毛ガニ
カロリー156kcal69kcal80kcal83kcal
糖質35.6g0.1g0.2g0.2g
カニは茹でた時のカロリーです。全て100グラムあたり
  • ご飯 100g(小盛り一杯程度):156kcal 〔35.6g〕
  • ご飯 150g(中盛り一杯程度):234kcal 〔53.4g〕
  • ご飯 250g(大盛り一杯程度):390kcal 〔89.0g〕

※〔〕内は糖質量

HAKUBAちゃん

カロリー・糖質を比較した場合、ご飯100gのカロリーはカニ100gのカロリーの約2倍です!

カニが、いかにダイエットに向いている食材であることが良く分かりますね!

しかし、太りたくない!という理由でカニばかり食べても大丈夫なのでしょうか・・・?

カニばかり食べても大丈夫?栄養素をご紹介

カニを調べてみると驚きの事実が分かりました!

カニは低カロリー低糖質というだけではなく、栄養も満点だったのです!

早速、カニの栄養素をチェックしてみましょう!

  • タウリン:血液中のコレステロール減らす。血圧を正しく保つ。
  • ナイアシン:皮膚・粘膜の炎症を防ぐ。体内の脂質・糖質を分解する。
  • カルシウム:歯や骨をつくる。
  • アスタキサンチン:疲労回復。動脈硬化の予防。眼精疲労の改善。

中でもカニをはじめ、サケやエビなどに多く含まれる成分であるアスタキサンチンは、強い抗酸化作用があります。

HAKUBAちゃん

アスタキサンチンの抗酸化作用はビタミンCの6000倍とも言われており、サプリメントや化粧品なども販売されるほど!

低カロリーで、低糖質。さらには栄養満点!

次は、ダイエットに向いているカニの食べ方をご紹介いたします♡

ダイエットに向いているカニの食べ方

せっかくダイエットするなら、効率よくダイエットしたいですよね!

そんな方のために、効率的にダイエットできるおすすめのカニの食べ方をご紹介します。

カニクリームコロッケや、カニグラタンなどもとっても美味しいですが、高カロリーな食材と一緒に調理してしまうと、瞬く間に高カロリーに!

ポイントは「シンプルに調理」すること!

  • カニを茹でるだけの「ボイルカニ」
  • 生でお刺身として「カニ刺し」
  • サラダの上にカニをのせるだけの「カニサラダ」
  • 寒い季節にぴったりの「カニ鍋」

ボイルカニはそのままでももちろん美味しいですし、カニ刺しは新鮮なカニでないと味わえない特別感があります。

見た目も華やかなカニサラダはパーティーでも活躍しそうなレシピです。

でも、お正月に家族でゆっくり食卓を囲むならカニ鍋もいいですよね。

調理方法で低カロリー低糖質のカニを、上手にダイエットレシピに返信させちゃいましょう♡

この記事のまとめ

  • カニは低カロリー・低糖質
  • 栄養素も満点でダイエットに最適
  • 調理方法によっては高カロリーになってしまう場合も
  • カニでダイエットしたいなら、「シンプル調理」が基本です!

2022年のお正月は、シンプル調理で低カロリー&低糖質のままカニを頂いちゃいましょう♡

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
この記事のもくじ
閉じる