僕が見つけたシンデレラ結末ネタバレ!ハッピーエンド??

  • URLをコピーしました!

韓国映画『ビューティー・インサイド』を原作としてリメイクされた韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」。

HAKUBAちゃん

映画では姿が変わってしまうのは男性でしたが、ドラマ版は女性が変わり、男性は人の顔が認識できないという設定が加わった完全オリジナルドラマ。

より、運命的なラブストーリーへとパワーアップ!映画とはまた違った魅力がいっぱい。

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」の見どころはやはり、女優ハンセゲと財閥御曹司ドジェの恋愛模様になります。

2人の恋の行方と結末はストーリーの中でも特に気になるところ…

せっかく見た長い韓国ドラマ、結末を知っていれば最後まで見てがっかりすることもないですよね!

安心してドラマを楽しむことができちゃいます。

そこで今回は「僕が見つけたシンデレラ」のセゲとドジェの恋の結末をたっぷりネタバレしちゃいますよ^^

また原作映画「ビューティー・インサイド」とドラマ版「僕が見つけたシンデレラ」両方の魅力もたっぷりお届けしますので是非、最後までご覧ください。

31日間無料独占見放題

△無料期間中に解約で一切料金はかかりません△

この記事のもくじ

僕が見つけたシンデレラあらすじ

主演女優賞の授賞式から突然逃げ出した、トップスターのハンセゲ(ソンヒョジン)。

車に飛び乗った次の瞬間、着ていたドレスがはち切れそうな巨漢の中年男に!?

彼女には、ある秘密が…。

それは、月に一度1週間だけ年齢から性別、人種まで頭から爪の先まで別人の姿になってしまうことだった。

秘密を隠すためにスキャンダルばかり起こすセゲの世間でのイメージは女優としても良いとは言えないもの。

一方、財閥ソノグループの後継者であり、ソノグループ・ティーロード空港の本部長のドジェ(イミンギ)はスキャンダルばかり起こしイメージが良くないセゲを自社の広告モデルから外そうとします。

そんな彼にも秘密が…ある事故をきっかけに人の顔、それどころか鏡に映る自分の顔すらもが見分けられなくなってしまった。

しかし、ドジェは、セゲだけはどんな姿に変身してしまっても何故か見分けることができたのです。

ドジェのある思惑から再契約を結ぶことにした2人に熱愛のスキャンダルが浮上…

ビジネスのために、《世紀のカップル》を演じようとセゲに提案するドジェ。

次第に惹かれあっていくドジェとセゲだったが互いの秘密を共有する2人の恋は試練の連続。

HAKUBAちゃん

やっと本当に愛し合える相手との運命の出会いをした2人の恋の結末とは…

ドジェにとってセゲはまるでシンデレラのよう、セゲの姿形が変わっても必ず見つけ出してくれるドジェに胸キュン♡と、感動が止まらない!

可愛いすぎるラブストーリーに目が離せないですよ。

僕が見つけたシンデレラ原作での結末は?

韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」の原作は、カンヌ国際映画祭で絶賛を浴びた大ヒット韓国映画「ビューティー・インサイド」です。

HAKUBAちゃん

ここでは韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」の原作「ビューティー・インサイド」の結末をお届けします^^♪

家具デザイナーのウジンは、18歳のときから目覚めると年齢から性別、国籍の全てが変わるようになってしまった

寝て目覚めると外見が変わってしまうため人に会う仕事ができなのでインターネットを活躍しながら才能を活かして家具デザイナーとして活動。

そんな彼の秘密を知るのは、母親と親友でビジネスパートナーのサンベクだけ。

ある日、よく訪れるアンティーク家具店で働くイス(ハンヒョジュ)に出会い一目惚れ。

彼女に会うために毎日、違った容姿で初めてきた客のようにお店に通い始めました。

告白ができる外見になり、同じ姿でいるために徹夜しイスとの楽しいひと時を過ごしていました。

HAKUBAちゃん

しかし、デートの帰り誤って電車で居眠りをしてしまったウジンは全く別人になってまい、彼女に秘密を打ち明けます。

2人は付き合い始めることになり、イスはウジンのことを受け入れられたかに見えていたが毎日、変わる容姿にイスは次第に精神が病んでいく。

イスの身体の心配をしたウジンは別れを切り出します。

10ヶ月後、イスは以前と同じ生活に戻りウジンはチェコに拠点を変えて今までと同じ生活を続けていました。

イスはウジンのことが忘れられずにチェコまで会いに行きます。

容姿が変わってしまっているウジンにもすぐに気づいたイス、お互いの大切さを改めて知りました。

イス「毎日、違う姿でも構わない。同じあなただから…私はこの中にいるキムウジンを愛しているから、ごめんね。遅くなって、結婚してくれる」

ウジンはポケットから指を出すとイスの指にはめてキスをします。

原作映画「ビューディー・インサイド」のウジンとイスも一度は別れてしまいますが、お互いの大切に気づき2人はハッピーエンドとなりましたね。

HAKUBAちゃん

2人の恋を見守っているうちに自然と涙が出てきてしまいました

毎日、容姿が変わってしまう男性というファンタージなストーリーなのにコメディータッチにせずに超ロマンチックで感動的な恋愛映画になっているんです。

僕が見つけたシンデレラはハッピーエンド?セゲとドジェは結ばれる?

最初はビジネス上のカップルを演じますが次第に惹かれ合いセゲとドジェは本当の恋人として結ばれます。

2人が本当の恋人同士で結ばれるこちらをご覧ください。

セゲは「私が好き?綺麗じゃなくても?」

ドジェ「綺麗じゃなくても」

セゲ「こんな私を好きになってくれてありがとう」

「僕が見つけたシンデレラ」13話より

これは別人に変身してしまうセゲの大切な感謝の言葉でした。

結ばれたはずの2人ですがとても複雑な心境ですよね…その後1年ぶりに再会を果たしたセゲとドジェ。

セゲは、ドジェの映画に出演しているセゲの姿が見たいという願いを叶え映画で主役を務めます。

その映画は大ヒットを記録し、セゲは「カンヌ国際映画祭」主演女優賞の受賞も期待されるほどの活躍ぶりで、スター女優としての名を響かせていました

トップスター女優となったセゲは、多忙な生活を送っていました。

ドジェはセゲの愛犬キンカンの世話をしながら忙しく女優業をしているセゲを嬉しく思う反面で寂しくもありました。

そんな忙しい日々でもちゃんと二人のは育まれていました

ある日、2人は結婚式と新婚旅行の予行練習というデートをしながら砂浜でキスをします。

そして2人はカメラに向かって『「今日のハンセゲは」「今日のソドジェ」はここまで』

ハッピーエンドで終わります。

砂浜でキスする前に今までセゲが変身した人々の顔を思い出すドジェ、変身した全ての人がセゲであると受け入れた証拠になっていたのかもしれませんね!

この記事のまとめ

話題の大人気韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」結末ネタバレをご紹介しました。

誰もがキュンキュンするようなハッピーエンドな結末でしたね♡

幸せなセゲとドジェを見られてとてもほっこりしました。

ドラマ版「僕が見つけたシンデレラ」、原作映画「ビューティー・インサイド」両方が伝えたかったのは外見ではなく、その人の心の本質がとても大切だということを教えてくれるとても素敵なストーリーですよね。

ラブコメディーなのにメッセージ性がとても強い作品に感動の連続でした。

この機会にドラマ版「僕が見つけたシンデレラ」と原作映画「ビューティー・インサイド」の2作品を是非、見比べてみるのもおすすめですよ。

31日間無料独占見放題

△無料期間中に解約で一切料金はかかりません△

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事のもくじ
閉じる