【大正解!】わが家の赤ちゃん連れキャンプの持ち物リストと食べ物について

初めての赤ちゃん連れキャンプで、何を持っていっていいか分からない。食べ物もどうしよう…。

こんな風に不安に思っている親御さんも少なく無いと思います。

私も連れて行く前は、大丈夫かな〜?と心配していましたが、今では一緒に行って良かったと思っています。

そこで、この記事では私が赤ちゃんを連れてキャンプに行った時の持ち物リストと、あちゃんの食事、キャンプ場での居場所や心配事についてご紹介したいと思います。

HAKUBAちゃん

わが子は1歳1ヶ月。まだ自分では歩けずハイハイと、つたい歩きです

この記事のもくじ

赤ちゃん連れキャンプの持ち物リスト

では早速。持ち物リストをご紹介します。

  • 抱っこ紐
  • 椅子
  • レジャーシート(厚手)
  • コット
  • ベビーモニターアプリ
  • 虫除け
  • ベビームヒ
  • おむつ(多め)
  • お尻ふき
  • 手口ふきシート
  • 洋服
  • ブランケット
  • 市販の離乳食
  • バナナ
  • パン
  • ジュレ

あると安心!便利赤ちゃん連れキャンプの持ち物

今回歩く前の1歳児を連れて、キャンプへ初めていったのですが、そこで持っていって良かったものを中心にご紹介したいと思います。

抱っこ紐

抱っこ紐は必須ですね!テントの中でお昼寝を一人でしてくればいいのですが、慣れない環境に興奮して眠れない子もいると思います。

おんぶをしちゃえば、両手も開くので料理や、お片付けも楽にできます♪

ベビーカーを持っていったのですが、座ってられないし、キャンプ場って自然の中にあるからベビーカーを上手に動かせないことも多いです。

今回行ったキャンプ場は足元が砂利だったので、押すのにも苦労。ほどんど出番がありませんでした。

外用の椅子

ご飯を食べさせる時やおやつの時に、ベビー用の椅子が便利でした。

みんなと同じ椅子に座っている感じが嬉しいのか、結構大人しく座っていてくれました。

うちの子が座っているのは西松屋で3,000円ぐらいで購入したものです。

楽天でも色々売っていましたが、西松屋が一番安くてコンパクトになるのでおすすめです^^

HAKUBAちゃん

使い慣れているバンボなんかでもいいと思います★

レジャーシート

レジャーシートはほんと持っていって良かったです。

小さいタイプと大きくて厚いタイプを持って行きましたが大正解。

小さいジャーシートはおやつの時に椅子の下に敷くと、食べ物を落としても後片付けが楽でした^^

大きい方は、動き回りたくなった時用に、シェルターの前に置いていました。

先ほども言ったように足元が砂利だったため、薄いタイプのレジャーシートだと足が痛くてハイハイできなかったと思います。

でも厚めのレジャーシートを持っていってたので、ある程度自由に動けて嬉しそうでした。

コット(あると便利)

コットとは、簡易用のベットみたいなものですが、テントを設置しているときの荷物置きになったり何かと便利です。

コットがあれば、いちいちシェルターに入らなくても、赤ちゃんのおむつがえも楽々行えるので持っていって大正解だと思いました。

そんなにお値段も高く無いので赤ちゃん連れにはぜひおすすめしたいです。

虫除け・虫刺されの薬

季節や場所にもよりますが、虫除けと虫刺され用の薬は持っていると安心です。

我が家は、オーガニックの虫除けと、ベビームヒを持って行きました。

絆創膏もあると安心だと思います。

おむつ類

おむつ・お尻拭き・手、口拭きシートはマストですね!

特にオムツは多めに持って行くのをお勧めします。

キャンプ場ではおむつが売っていない事が多く、近くにお店がない!なんてことになったら大慌てでお店を探しに行って、せっかくのキャンプが台無しになりかねませんね。

必ず必要なオムツは余分に持って行くことをお勧めします!

洋服

季節によって変わりますが、大自然の中のキャンプ場は、夏でも夜は冷え込むことがあるので、長袖のロンパースと羽織は荷物になっても、持っていく方べきです。

また、水遊びはまだしないとしても、余分に1着持ってると安心です。

ブランケット

コンパクトなブランケットは、タオルがわりにもなるし、寒い時にサッとかけてあげられるので便利です。

かさばらないので、持っていって損はありません。

ベビーモニターアプリ

ベビーモニターって今スマホアプリにあるんですよね。

私はまだ利用していないのですが、利用すれば良かった!と思いました。

ベビーが先にテントで寝て、外で大人たちは話していたんですが、ベビーが泣いてても川の音であまり聞こえなかったんです。

気づいて急いでテントに戻るんですが、テントのチャックの開け閉めに意外と時間が取られその間ベビーが泣いているという状況で(汗)

結局、心配で私だけシェルターで先ベニーと寝ることにしました。

そんな時、ベビーモニターがあればモゾモゾしているのがみれるので便利ですよね。

今はスマホアプリでもあるので旦那さんのスマホと連携して、モニターにできるので次回からはやろうと思いました。

赤ちゃん連れキャンプ食べ物編

赤ちゃんの食べ物は何がいいか悩みますよね。

ここでは、わが家のベビーが喜んで食べたものをご紹介します。

市販の離乳食

おい。市販かよ。と思ったそこのあなた!!

ごめんなさい!!!!!!!(笑)

楽してごめんなさい!!でも、キャンプに遊びに行った時ぐらい、楽しちゃいましょうよ!(私はいつも・・・?)

市販の離乳食でも、キャンプで楽して食べさせるには、以下のポイントを抑えて選んでください。

それはキャンプ場でも温められるものを選ぶと言う事です。

パウチのものはほとんど湯銭で温められますが、ご飯に混ぜるだけシリーズもおすすめです^^

↓おすすめはこちら

ドラックストアにも売っていて手に入りやすいので是非試してみて下さいね^^

その他キャンプにおすすめ食べ物

  • バナナ
  • パン
  • ジュレ

手軽に食べれるバナナとパンは、小腹がすいて騒ぎ出した時のマストアイテムでした^^

野菜と果物のジュレも持って行って、栄養面もカバー。味も美味しいので喜んで飲みます^^(個人差あり)

以上が我が家が赤ちゃん連れのキャンプで持って行って良かったリストです!

HAKUBAちゃん

参考になる部分があったら嬉しいです

赤ちゃん連れキャンプは迷惑じゃない?

赤ちゃんの泣き声とか、他の方に迷惑じゃないかな?と不安に思う方もいますよね?

今回初めて連れて行って感じたのは、キャンプ場とサイトによるです。

サイトが狭く、お隣とテントが近かったりするとやはり泣き声が迷惑になってしまう事もあると思います。

私が行った場所は、テントが他の方と比較的離れていたし、川の音の方が大きかったので、泣き声が聞こえてうるさいと思われることはなかったんじゃないかな?と思います。

なので、他の方に迷惑がかかるかも…。と不安に感じる方は、一度キャンプ場にサイトの広さなど確認してみると良いと思います。

シーンとしたキャンプ場だとテントの中であっても、泣き声が響いてしまうので川があるキャンプ場、子供も喜ぶしおすすめかもしれません(笑)

この記事のまとめ

準備万端で行けば、赤ちゃん連れのキャンプも全然楽しめます♪

是非私の持ち物リストを参考にしてくださいね。

赤ちゃん連れが迷惑と思われるかも…、と心配の方はキャンプ場選びから考えてみてくださいね。

今回初めて1歳児とキャンプに行きましたが、私はとっても楽しかったです!ただ、歩いてくれてた方が楽ではあったかもしれませんが(笑)

家族でいい思い出ができました。是非あなたもあかちゃんとのファミリーキャンプ楽しんでくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

この記事のもくじ
閉じる